ペットと後悔なく暮らしていくために準備すべきこと

思い出の場所

愛犬が好きだった場所で供養したいと考えている場合には

愛犬が生前よく遊んでいた公園などに愛犬の亡骸を埋葬したいと希望する飼い主が少なくありませんが、公園内に勝手に穴を掘って愛犬の亡骸を埋めるわけにはいきません。ごくまれに、人目を避けて夜中に埋めに行く人がいますが、近所の住民に警察に通報されてしまう可能性があります。そんなことになってしまえば愛犬の大切な思い出に傷がついてしまうことになりますので、そのような行動は避けるようにしたいものです。どうしても愛犬が好きだった公園で愛犬の魂の供養を行いたいと希望しているのであれば、散骨サービスを提供しているペット葬儀業者を利用してみることをおすすめします。もちろん、公園内で堂々と散骨することはできませんが、ペット葬儀業者に頼めば、愛犬の遺骨をパウダー状に加工してもらうことができます。パウダー状になっていれば、散歩に行くついでに少しずつ遺骨を撒いてくることができますので、ひっそりと散骨供養を行うことができるようになります。

遺骨を置物に加工してもらうことができます

ペット葬儀業者の中には、ペットの遺骨を置物やアクセサリーなどに加工してくれるサービスを提供している業者が存在しています。そのようなペット葬儀業者を利用すれば、大切な愛犬の遺骨をいつも身近な場所に置いておけるようになります。一見しただけでは遺骨とはわからないような置物に加工してもらうことができますので、リビングに飾っておいたとしても、来客に不愉快な思いをさせてしまう心配がありません。また、ストラップやペンダントヘッドなどに加工してもらえば、肌身離さず常に身につけておくことが可能になります。遺骨のままで保管しておくと、その取り扱いに困るようになってしまう可能性がありますが、置物やアクセサリーに加工しておけば、心を込めて供養し続けることができます。