ペットと後悔なく暮らしていくために準備すべきこと

癒やしを生む魚

熱帯魚は海水魚と淡水魚にわかれます

熱帯魚を見ているととても癒されます。病院やショップの待ち合い場所に水槽があって、ずっと見ていてもあきなかった経験はありませんか。色とりどりの熱帯魚が泳ぐ姿や水草の揺れる様子を見ているだけでも、心が落ち着くものです。 できれば自宅で熱帯魚を飼育してみたいという人も多いことでしょう。種類によっては飼育しやすい魚もいるのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 しかし、熱帯魚といっても海水魚と淡水魚がいます。海水魚はきれいな魚も多いのですが、淡水魚に比べると飼育が難しいのです。ですから、初心者がいきなり海水魚を飼育すれば、全滅させてしまう恐れもあるので注意しましょう。初めは、飼育が簡単なグッピーから始めてみましょう。

初心者にはグッピーがおすすめ

飼育しやすいグッピーですが、熱帯魚マニアは、グッピーに始まりグッピーに終わると言ってもよいほどその魅力にはまる人も多いのです。グッピーは、国産、外国産といますが、国産グッピーは発色もよくとても美しい尾びれが特徴です。 かけ合わせによって、グッピーの色も変わってくることがあり、いかに美しいグッピーを誕生させるかが、マニアの間では楽しみでもあるのです。 また、グッピーはメダカに似ている熱帯魚ですが、メスのおなかの中で卵を孵す魚です。ですから、おなかの膨らんだメスを観察していると、稚魚がおなかから飛び出してくる様子を見ることができるので、子どものいる家庭ならなかなか体験できない場面に遭遇できるので、良い勉強になるでしょう。